ヘルペスの種類

ヘルペスを早く治すならこの薬 - ヘルペス治療に有効な市販薬

ヘルペスの種類

口唇ヘルペスや性器ヘルペスなど、発症する部位ごとに種類分けすることが出来ます。また、作用するヘルペスウィルスにも違いがあります。

幼い頃にかかる人が多い感染症である水疱瘡ですが、これも水疱・帯状疱疹ウィルスというヘルペスウィルスの一種が引き起こす病気です。成人によく見られる帯状疱疹は、水疱瘡に罹った経験がある人が、疲労や体調不良などのきっかけで発症するということが多いようです。

最も一般的なヘルペスはやはり口唇ヘルペスです。唇やその周辺に病変が現れるヘルペスのこと。

これは単純ヘルペスウィルスⅠ型というウィルスによるもので、ヘルペス性歯肉口内炎や角膜ヘルペスなど、主に上半身のヘルペスを引き起こします。

また性器ヘルペスは、性器やその周辺に現れるヘルペスで、これを引き起こすウィルスは単純ヘルペスウィルスⅡ型と呼ばれ区別されています。

基本的に作用する領域が異なり、それぞれの領域でしか本気で活動することはないようです。しかしながら、性器ヘルペスは唇に、口唇ヘルペスは性器に移らないのかというとそういう訳でもなく、オーラルセックスによって口唇のヘルペスウィルスが性器に感染するということもあります。ただ、重症化や再発する可能性は低く、やはりそれぞれの領分を守っているといえるでしょう。

しかしながら、ヘルペスはどこでも感染する病気です。

口唇ヘルペスが最も一般的かもしれませんが、口腔内に感染し口内炎を作ったり、病変に触れた手で目を擦るなどのことで角膜ヘルペスに罹ってしまったりということもあります。当然、鼻(鼻の中も含む)などにも罹るので病変には出来るだけ触らないように心がける必要があるでしょう。

重症化すれば、性器ヘルペスの場合には臀部にまで症状が広がることがあり、女性なら子宮や膀胱にまで病変が及ぶこともあります。また、ヘルペス性脳炎やヘルペス性脊髄炎、カポジ水痘様発疹症など、場合によっては体内や体表の広い部分に症状が及ぶケースも見られ、治療を怠ると深刻な事態に陥ってしまうこともあります。